MENU

バイトをしながらお金を借りるには?

就職したいと思う会社が見つからず、派遣社員やアルバイトをして生計を立てている人たちがいます。

 

喫茶店でのアルバイト

 

アルバイトで短期間の労働をして生計を立てているいる人もいますが、急な出費があり、キャッシングを始めたいと思ったとき、「バイトではキャッシングができないだろうな」と不安を持っているかたもおられますが、アルバイトでもキャッシングでお金借りることができます。

 

[キャッシングの申込条件]

消費者金融や銀行カードローンの申込条件として、年齢が20歳以上65歳未満、安定した収入のあるかたと書かれています。また、パートやアルバイトでも可能とも書かれています。

 

これを見る限り、パートやアルバイトをしていても安定した収入があれば、キャッシングが可能なので心配はすることはありません。

 

ただ、消費者金融の融資限度額は年収の3分の1以内という制限が有るので、思っているほど多くのお金は借りられません。

 

銀行カードローンは年収制限がないので、審査に通れば年収の2分の1程度までの融資を受けるのは可能なようです。

 

[審査に通りやすくするには]

消費者金融のキャッシングに限らず銀行カードローンはアルバイトをしていてもキャッシングの申込は可能ですが、アルバイトは審査がきびしくなると言われています。

 

アルバイトでがキャッシングを申込むのは、収入が不安定なことから年収が決めにくいことや、バイト先をつぎつぎと変えている場合、いつバイトをやめて収入が無くなるかわからないということから、仮に融資をしても返済が続けられないのではないかと思われるようです。

 

キャッシングの審査はアルバイトでも一般の会社員でも同じで、おなじバイト先で長く勤めていれば審査に通りやすくなるとも言われているので、できるだけ継続的に仕事を続けて申込をすることが審査に通りやすくなる条件になります。

 

また、審査で信用情報機関の個人情報も調べるので、クレジットカードなどを持っていればその登録情報も残っているので、少しでも多くを借りたいと思って勤務先をいつわったり、他社借入額や件数を少なく申告してもすぐにばれてしまうので、申込書の記入は正直に書くことが重要になります。

 

カードローンとフリーローンの違いって?

まとまったお金が必要になったときに、非常に便利なのが「カードローン」でお金を借りることです。
「カードローン」は基本的には、お金の使い道が自由です。
利用する方の裁量で、どのような使い道をするのかを決めることができます。

 

お金の使い道、つまり「資金使途」が自由な融資として紹介されているものに「フリーローン」と呼ばれるものがあります。
そもそも名称に「フリー」と名がついていることから、お金の使い道も自由であると考える方も多いのではないでしょうか。
「カードローン」と「フリーローン」の違いは、どこにあるのでしょうか。

 

「カードローン」は決められた借入限度額の範囲内であれば、自由にお金を引き出すことができます。
借入限度額に空き枠があれば、基本的にはいつでもお金を借りることが可能なのです。
つまり、追加融資をいつでも受けることができるということです。

 

これに対し「フリーローン」は最初に契約を行い全額を融資金として受け取ります。
後は、借入が無くなるまで返済を行っていくだけです。
その後に追加で融資を受けることはできません。
それ以上のお金が必要になった場合には、再度申込みを行って審査に合格し、契約を交わす必要があります。

 

またかんちがいされがちですが、「フリーローン」は借りたお金を自由に利用できるわけではありません。
あらかじめお金の使い道を指定して、申込みを行います。
例えば「引越費用」や「楽器購入」などの使い道を示して、その利用目的に応じた使い方をしなくてはいけません。
フリーローンの「フリー」とは、「お金の使い道を自由に設定できる」という意味なのです。

 

それぞれの融資により、特徴が異なっています。
借入をする場合には、特徴をよく理解したうえで、自分にあったものを選ぶことが大切であるといえるでしょう。