金利はの夢を見るか?

利用する前、利用中、ことあるごとに活用しておきたいのは消費者金融にある返済シュミレーション。
返済の計画を立てていても消費者金融の仕組みが理解できていなければ計画倒れに終わることも少なくはありません。
金利は18.0%とどこも同じではありますが、返済方式は違います。
残高スライドリボルビング方式もあれば、定率リボルビング方式もあります。
これはその月の返済額を決める方法となりますが、自動引き落としを返済方法として選択していれば決められた最少返済額だけが引き落とされることになるのは一般的なこと。
もう何回も返済をしているのに元金がほとんど減っていない、というときには最少返済額を返済しているものです。

 

返済シュミレーションを使えば返済の計画が立てやすくなります。
どこでも返済期間と返済額をそれぞれにシュミレーションすることができますが、利用する前にもそして利用中にも何度も活用しながら計画の練り直しは常に行っていきましょう。
いつまでに完済を目指しているのかによっては毎月の返済額を変えていかなくてはなりませんし、もう少し返済額を上げることができるようになれば返済期間もさらに短くしていくことができます。
出来る限り返済期間を短くすることで支払う利息の金額を減らしていくことができます。

 

今のところ、最も使いやすい返済シュミレーションは新生銀行カードローンのレイク。
消費者金融ではなくなりましたが返済の計画が非常に立てやすいシュミレーションを用意しています。

 

お金借りる即日可はマネーランド
続きを読む≫ 2014/09/01 17:02:01

消費者金融業者一覧を見ても金利の比較はあっても返済方式の違いはなかなか確認できないものです。
返済方式によって利息には明確な違いが出てきますので利用する前には必ず確認をし、消費者金融選びのチェック項目にしておきたいところです。

 

それでは一覧にして確認してみましょう。

 

「残高スライド元利定額返済方式」
・プロミス
・モビット
・アイフル
「元利定額定率リボルビング方式」
・レイク
・アコム

 

ちなみに平成23年9月3日以前にアイフルで契約をしているのであれば元金定率リボルビング方式が採用されているはずです。
こうして見てみると残高スライド元利定額返済方式の方が割合としては多く一般的に採用されている返済方式であるということができるでしょう。

 

この返済方式の違いをみてみましょう。
残高スライド元利定額返済方式は「借入残高」に応じて返済額が決められます。
借入残高に応じることになりますので返済額は小さくなりますが返済期間が長くなるというデメリットは大きいものです。
元利定率リボルビング方式は返済額の中で利息の占める割合が小さくなります。
つまり返済額の中で元金の占める割合の方が大きいということ。
これは返済していくことで最も重要なこととなります。

 

金利やサービス内容にばかり注目するあまり返済方式にはあまり着目されていませんが、実は非常に重要な部分を持っています。
借り入れをするときには返済方式もどのようになっているのかを調べておく必要があるでしょう。

 

続きを読む≫ 2014/09/01 17:02:01

商業の街大阪、そこには多くの消費者金融がありキャッシングは難しい手段ではありません。
まずは大手消費者金融などの安心できる金融業者を選ぶのだということを最前提として考えてみましょう。

 

キャッシングをする目的と金額はどのように考えていますか?
普段使いに活用したいというの出れば消費者金融ではなく銀行のカードローンも考えたほうがよいでしょう。
大阪には多くのメガバンクがありますので普段使いに利用するとしても利用できるatmは豊富になりますので問題なく使っていけるでしょう。
目的が突発的な出費を補うためであり借りたい金額も少なく、そして返済期間を短く考えているのであれば消費者金融は有効に使えるはずです。
借り入れをする前に考えておきたいのは下記の項目です。

 

・キャッシングの目的
・借入希望金額
・返済期間
・キャッシング希望日

 

キャッシングを当日に行いたいのであれば即日キャッシングができる業者を探さなくてはなりません。
そのうえで注意しなければならないのは当日融資が確実となる時間です。
借り入れをするときにはその金融業者のホームページには必ず目を通しておきましょう。
即日融資がうたわれていても、それが可能になる条件が必ず記載されています。
反対に記載がない場合には即日融資は難しいと考えたほうがいいでしょう。
平日の14時30分までに契約が完了することが条件となります。
これは一般的ではありますが、自動契約機や店頭窓口などその時間外でも対応できる方法もあります。

 

ネット証券手数料が安くて利便性が良い
続きを読む≫ 2014/09/01 17:02:01

誰しもが知っている大手消費者金融から、その地域に根付いた消費者金融など形はさまざまにあります。
インターネットが普及したことによって地域性のある消費者金融も全国展開を見せるようになりました。
今でいえばその例となるのはスルガ銀行のダイレクトワンでしょう。
スルガ銀行は静岡の地方銀行です。
しかし銀行カードローンではなくダイレクトワンは消費者金融。
知られていない名前ではありましたが、インターネットの導入によって全国的に知名度が上がってきました。
とはいってもダイレクトワンの金利は高く、上限が20.0%です。
通常の消費者金融の上限金利は18.0%になりますので2.0%も高いことになります。
さらに申し込み方法や借入方法、返済方法には限りがあり利便性がよいとなるにはまだ時間がかかりそうです。

 

これが大手消費者金融を選ぶメリットです。
大手消費者金融と言えばアコム、アイフル、プロミスなどが思い浮かぶでしょう。
昔からある老舗ともいえる消費者金融です。
金利はどこもかわりはありませんが、利用方法は全国どこにいたとしても便利に活用することができる方法がそろえられています。
振込キャッシングは今では常識のこと。
それだけではなく現金を手元に用意するためには結局ATMを利用しなくてはなりませんが、コンビニATMはすべて網羅しておりどこのコンビニでも利用することができます。
つまり24時間365日対応。
大手消費者金融を選ぶべきだというメリットはやはり大きなものになります。

 

レイクの審査基準は?在籍確認は?
続きを読む≫ 2014/09/01 17:02:01

限度額は実は2種類あるということをご存知でしょうか。
消費者金融が最大貸付可能額として設定している限度額と、個別に設定される限度額です。

 

主な消費者金融の最大限度額を見てみましょう。
・アコム 500万円
・モビット 500万円
・プロミス 300万円
・アイフル 300万円
・ノーローン 300万円
この限度額だけを見てみるとアコムやモビットの限度額が大きく魅力的のように感じます。
しかしながら、この限度額がそのまま個人の限度額になるものではありません。
あくまでもこれはその消費者金融が最大限貸付が可能としている金額ではありますが、個人となると話は別です。

 

個人の借入限度額は審査によって決まります。
総量規制がありますので年収の3分の1が借り入れの限度額になるということはご存知かと思いますが、またこれもそのまま限度額として設定されることではありません。
審査によって返済可能な金額が限度額として決められることになります。
また信用がない段階では限度額は低めに設定されることも覚えておきましょう。
信用第一のキャッシングです。
どのようにして信用を得ていくかと言えば返済をしていくこと。
消費者金融にとってリスクの少ない利用客でなくてはなりません。
返済が遅れる、連絡がつかない。
このような状況であれば信用は得られないでしょう。
限度額が上がるどころか減額される可能性すら含んでいます。
信用と限度額は比例しているのだということ、これを忘れないでおきましょう。

 

続きを読む≫ 2014/09/01 17:02:01